忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ふるさと納税とロマン~問題点は数あれど~




ふるさと納税が活況を呈してますね。




2015年度の「ふるさと納税」寄付額は1652億9102万円。14年度の4.3倍だったそうです。
(2016年6月14日 日経新聞夕刊より)


地方出身者として、この制度は大変興味深いものであります。
現在首都圏在住な私ですが、生まれ育った街へ住民税の一部をまわすことができる、故郷の街へ微力ながらも貢献できる、
なんとも魅力的です。


また、セミニートを目指すものとして、少しでも「トク」な制度を利用したいとも思います。


しかし、ここでわざわざ指摘する必要のないほどに、返礼品合戦の過熱、異常性ばかりが指摘されることに・・・


 


・大都市圏からの税金大幅流出


・高額所得者ほど得をする逆進性(住民税から控除できる上限額が大きくなるので、より多くの豪華返礼品をもらえることになります。)


 


まあよく言われるのはこの二つですよね。


 


しかし一番の問題点は「チキンレース」と化していることだとの指摘があります。


ふるさと納税に対して返礼品を設定していない自治体も数多くありますが、周辺自治体の実績を見て、
地元の事業者や議員などから「何故やらないのか」との声も多いようです。


「ふるさと納税は、納税者にとって「やらなきゃ損」となる制度である。結局この制度で割りを食うのは、「ふるさと納税をしない納税者」となるわけだ。
地方にとっても「やらないと他に出し抜かれる」ので参入するしかない。」


(Wedge 2月号 地方を弱らせる「ふるさと納税」を健全化せよ 木下 斉より)


 


やらない人のことなんて知らないよ。やらない自治体も意味不明。どんどんやって、自治体同士競争すればいい。
創意工夫で、アピール合戦したほうが地域活性化に繋がるやん。


そう思う人もいるかもしれません。


ところがそんな単純なものではないんですね。


「納税金額に対する返礼品比率を上げれば上げるほど人気が出て、納税金額が上がるため、誰も返礼品競争から下りることができない、
まさにチキンレースと化してきている。
都市部側の納税者としても、ふるさと納税する人が得をして、しない人が損をする構造のため、逃げられない。」


(同誌)


つまり消耗戦ですね。
小売業者の値下げ合戦のようなものでしょうか。
納税金額に対する返礼品比率を上げれば、自治体の収益は減りますから。
税収が増えないのなら、なんのための制度だということになります。


2015年度は、ふるさと納税による寄付額の約4割が返礼品の費用に使われたらしいです。
広報などの諸経費を含めると、自治体が使えるお金は約半分になるとか。
(2016年6月19日 日経新聞より)


 


ここで気付いた人もいるのではないでしょうか。
自治体のお金にならなくても、地元の事業者が潤っているならいいんじゃないの?
と。


果たしてそうでしょうか。
消費者が本当にその商品をほしいと思ってお金を払うなら、全く問題ありません。


しかし、


「納税者はほぼタダだから喜んでいるだけ」(同誌)


なのです。


地場産品のブランド力が上がっているわけでもなんでもないのであります。
競争力が高まっているわけではないので、この制度が縮小・廃止などされれば、元に戻ってしまうのであります。


「中には通常の市場価格よりも高い価格で地元農作物を購入する自治体がある。」(同誌)


ここまでくると異常さが際立ってきますね・・。
木下氏は自治体も生産者も「シャブ漬けになっている」と辛辣な言葉で警鐘を鳴らしています。


余談ですが、この木下氏。肩書が一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事となっております。




うん、全く何をやっている人なのかわかりませんね


 


「タダでもらえるものはタダで貰えるもの。対価を支払って欲しいものとは全く異なる。地方産品を通じて地域活性化を図るのであれば、妥当な価格で営業をし、販売を積み上げなくてはいけない。」(同誌)


うーむ、まさにそうですね。
地場産品を返礼品としてもらって、それがきっかけで通販で購入するとか、実際に自治体に足を運ぶとか、
そういった事例も少なからずあるとは思いますが、、
大多数は「タダだから」「やらなきゃ損だから」で終わっている印象です。


このように本来の趣旨とかけ離れ、とにかく「得をする」ことを考えて「納税先」(正確には寄付先)を選ぶ風潮が強まっています。


もちろんこれは「納税者」の自由な選択。
同記事にもあるように「やらなきゃ損」なのだから仕方のないことなのかもしれません・・・


なんらかの制限をかけない限り、「合理的な選択」をする人々や自治体の行動は止められません。


しかし!私は敢えて「情緒的」に訴えていきたいのであります。


「本当に応援したい町へ寄付してみませんか」と・・


 


私は去年、下記の3つの自治体へ寄付しました。


・北海道釧路市
・北海道上川郡清水町
・北海道厚岸郡浜中町


それぞれ1万円。
自分の収入で控除できる上限ギリギリの額です。


釧路市は生まれ育った街、清水町は幼少の頃2年間だけ住んだことのある町、
浜中町は釧路市に近くて美しい風景がある町です。


このうち釧路市は5万円未満の寄付では返礼品がありません。
1万円の私は、純粋な寄付になります。もちろん住所地に支払う住民税を移転させるだけですが、
2000円は持ち出しになります。


でも別にいいじゃないですか。故郷を応援する気持ちです。
最近はようやく、夏でも冷涼な気候をアピールして本州からの長期滞在者を受け入れる施策に力をいれています。
「たかが1万円」ですが、頑張っている「ふるさと」に貢献したい思いからです。


清水町は結構返礼品が充実しています。
私は牛肉を選びました。
 




たった2年間。それも記憶が曖昧な幼少時。
でも、もしかしたら、お世話になった幼稚園の先生が、町の広報誌に掲載される寄付者名簿を見て気付くかもしれない。
(寄付者をなんらかの形で公表する自治体は多いですが、必ず本人の承諾を得た上での公表になります。)


ロマンですよね。遠い昔の出来事に思いを馳せることができるのです。


昔の記憶をたどって、かつて住んでいた家の近くまで行ってみようか。
町から送られてきた広報誌を見て、そんな気持ちになりました。


 


浜中町は、私の好きな風景が多数ある町です。
美しい海岸線と、貴重な湿原が広がっています。


上京前は、よくドライブコースにしていたものです。


かつて心動かされた風景を守ってほしい。
そんな思いを込めて寄付しました。


 


大都市に生まれた人ならば、かつての思い出の地へ。
旅行で印象深かった町へ。はたまた自然災害で甚大な被害を受けた町へ。


そんな感じで選んでみてはどうでしょうか。


返礼品がなければ、2000円は持ち出しになります。
もう一度言います。別にいいじゃないですか。
どんな町なのか全く分からない。縁もゆかりもない。これから行くつもりもない。興味すらない。
そんな自治体に金銭的な損得勘定だけで、0~2000円で和牛を食らい市場を歪めるよりも、
ロマンを感じられる方がいいと思うのであります。


旅行など一切しない。興味もない。
そんな人は、今住んでいる自治体に全額納税しましましょうよ。
チキンレースなんかに参加せずに・・・。


返礼品は単なるオマケなのです。


さあ故郷に、思い出の地に、思いを馳せましょう!!

拍手[1回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア

プロフィール

HN:
エイシン
HP:
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
北海道出身、首都圏在住。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター