忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リゾートマンションに住むという選択肢~苗場編2




苗場編1でゴージャスなバブル崩壊後物件を見た後は、噂のヴィラ苗場に向かう。

苗場の中心部、国道353号との交差点付近から東側の丘へ。
対向車が来たらヤバそうな古い舗装道路の坂道を上る。


 

これがヴィラ苗場5号館・・・
いやいや別に廃墟には見えない。

ただなんと言いますか、


普 通 の 団 地 で す ね 


レストランとかプールとか、そんなものは一切ないです。


隣は6号館。ほぼ同じ造りと思われます。
車はまばらですねえ。広い駐車場はガラガラ。


更に細い坂道を上ると9号館にたどり着きます。





う~ん。

や っ ぱ り 団 地 で す よ 。


S58年完成。431戸。
フロントも無くオートロックも無い。


軒並み10万~30万程度で投げ売りされています。


「これでも20年前は夢の館だったのだ」(ミナカロ)
※本が出版されたのは2008年ですので、まあ現在からすると27年前ということになりますね。


いよいよ、ヴィラ苗場1・2号館へ。
高台の9号館から少し下ると・・・


 


なんと野生の猿が!!


周辺に2~3匹いましたね。
これはびっくりです。


2号館の少し手前のスペースに車を停めます。
そうです、、1・2号館には駐車場が無いのです


そして2号館の手前には、


 


出ました・・これは廃墟っぽい。


これはミナカロに載っているホテルグリーンプラザ、だろうか。
S56年完成のオーナーズホテル。
営業している雰囲気ではないが・・・


ちょっと自信はないですね。




更にはこんな廃墟じみた建物もありました




 

ヴィラ苗場2号館。


いや、そんなにオンボロといった感じではないですね。
リゾートという感じでもないですが。


S52年完成。128戸。


こちらがエントランス。関係者以外入館禁止の貼り紙がありました。


さらに奥へと足を進める。
道路に動物の糞らしきものが点々としている。
もしかしたら、猿の糞かもしれません。


  

こちらがヴィラ苗場1号館。


背後のタワーとの落差がすごいですね・・・。

もはや公営住宅と言われても違和感がない。



エントランス。うーん。


S58年完成。125戸。

9号館ですら10万円なのですから、こちらも当然10万円。


プール、大浴場、レストラン、ゲストルーム、スポーツルーム。
なんもなし。
管理費は15,000円~20,000円前後。


ユニットバスの部屋もあるみたいですね。


あとやはり致命的なのが駐車場。
先ほどの6号館まで歩かなくてはいけない。
車必須地域でこれは・・。


まあ2号館の前には路上駐車が2~3台あったので、オフシーズンならそれで許されるのかもしれません。
1号館の先はどんづまりですので、それほど迷惑にもならないのでしょう。


しかし、同じ値段ならば、クリスタル1号館かファミールヴィラ苗場タワーの方がいいのでは?
もちろん管理費は高くなって、クリスタルの方は特別積立金の支払いもありますけれども。


「かつて苗場は憧れの地だった。苗場は日本一華やかなゲレンデであり、ハイシーズン、苗場プリンスホテルの部屋を押さえるのは、電通などに知り合いがいなければ不可能と言われていた。実際の部屋は狭くて安普請であっても、そこに泊まることはステイタスで、ユーミンの世界そのものだったのである。苗場プリンスに泊まるのがステイタスなら、ヴィラ苗場を持っていることはもっともっとステイタスだった。」(ミナカロ)


―― 憧れの地 ――


本当にこの場所が・・・?


シャッター、廃業したホテルや飲食店。


 





ロスジェネより下の世代の私には全く想像がつかなかった。
もちろん今はオフシーズンではありますが・・。


やはり現地の雰囲気を肌で感じるということは重要です。
少なくとも物件そのものは「廃墟」というほどでもないということがわかりました。


ではどうでしょう。ここに住んでみるというのは?


リゾートマンションに住むという選択肢~苗場編3へ続く


拍手[2回]

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

フリーエリア

プロフィール

HN:
エイシン
HP:
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
北海道出身、首都圏在住。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター