忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なぜSNSで「備忘録」「自分メモ」と前置きしてしまうのか



こんにちは(´A`)



今やSNSはすっかり生活の一部に溶け込んでしまってますよね。


かつて隆盛を誇ったmixiは衰退しましたけど、ツイッターやフェイスブックに舞台を移し、
中高年までも当たり前のように利用する時代となっています。


で、私はmixi全盛期あたりから気になっている現象があるんですよ。(´A`)


それは、「備忘録」「自分メモ」と前置きしてからSNSに投稿するという現象なんです。
結構いませんか?そういう人。


この前置き、必要ですかね?


この「前置き」に続く内容は、今後の自分の予定であったり、思いついたことであったり、
趣味のことや自分語り、旅行歴、ライブ鑑賞歴などと実に様々であります。


そもそも本当に「備忘録」であるのならば、SNSに投稿する必要はないはず。
書くのが面倒ならスマホのメモアプリでもいいですよね。


多くのSNSでは非公開設定がありますし、メモ代わりに使うのなら公開する必要はありません(´A`)


これは一体どういうことなのでしょうか。


私が思うに、「自己主張という自覚はあるのだが、それを隠したい」という心理なのではないかと推測します。
自己主張というよりは「共感してほしい」という場合もあると思います。


今後の予定→「アクティブだね!」「私もそれ行く!」
趣味のこと→「楽しそうだね!」
自分語り→「辛い時もあったんだね。」


SNSに投稿するということは、多かれ少なかれ上記のような反応を期待して投稿しているはずです。
また、反応まで行かずとも、「投稿を見た人がそう思ってほしい。」ということもあると思います。


しかしそれを隠そうとしているのです。


つまり・・・


「お前の予定なんざ興味ねえよ、、、と思われたらどうしよう・・。」


「いいねもコメントも一切ない。反応ゼロだったらどうしよう・・。」


そう考えて、先回りをしているんじゃないですかね。


「(興味ねえ・・)」「反応ゼロ」


   ↓↓↓


でもこれ自分メモですから!!!


別にあなたに対して主張してるんじゃないの!自分で後で読み返すために書いてるの!!!


 


(´A`)(´A`)(´A`)


と、自分で自分を納得させるための「前置き」なのかもしれません・・


(´A`)(´A`)(´A`)


 


なんかこれ、いわゆるセルフハンディキャッピングに似てませんかね。
「オレ、全然勉強してないよ~」的な。


もっと言えばですよ、告白して盛大に振られたあとに、「冗談だよw」
とかいうカスい男にも近いですよね。


どうだ!オレの写真!⇒無反応⇒じ、自分の記録のためだし・・


(´A`)・・・


 


私は今30代前半ですが、20代の頃は「空気を読みすぎる若者」が話題になっていました。


現在ではさらにその傾向が強まっているという分析もあります。


先ほどのセルフハンディキャッピングに加え、


「とにかくこれは自己主張じゃないんだ!」という主張もあるかもしれません。


異常なまでに空気を読みすぎて、ネット上においてまで「出る杭」になってはいけないと必死になる時代。
「出る杭」になって、嫌われてしまうというリスクを極度に恐れる時代。


そんな時代なのかもしれません。


「間接自慢」なんて言葉すら出てきました。
これは「備忘録」「自分メモ」の進化形かもしれません。


本当に主張したいことを隠して、別のものでカモフラージュする。
「ずっと欲しかった高級品を買った」ことをそのまま主張するのではなく、別の出来事の写真にさりげなく映り込ませて投稿する。

なんかもう、そこまでするかって感じですけれども、本人にとっては「嫌われたくない」一心なのかもしれません。


 


あれ、、、一昔前と比べて、価値観は多様化しているはずなんですけどね。
不思議なものです。


価値観は多様化しているのに、お互いの違いを認め合う土壌はまだ不完全なのかもしれません。


若者だけではなく、結婚や子育てについての考え、職業観についてなど、自分の思想を押し付けようとする人が多いように思います。

否定される可能性が高いから主張できない、ということもあるかもしれません。


 


話はちょっと脱線しましたけど、私はどんどん主張したらいいと思うんですよね。
もちろん多少は空気を読む必要があるとは思いますけれども。


『「好きなものは好き!」と言える気持ち抱きしめてたい』ってマッキーも言ってますよ。
(20代には通じないかも・・)

    ~「どんなときも」作詞作曲:槇原敬之~





私ことACがブログを書く理由、ツイッターに投稿する理由。


それは誰かに読んでほしいからです。

はっきりしています。

備忘録だったらスマホのメモアプリにしています。日付も入って便利です。


だから全然無反応だったりすると切ないわけですよ(´A`)
でもそれは自分の文章力だったり、写真のセンスだったり、
そもそも私自身の人的魅力の乏しさによる問題だったりするわけです。


そうやって分析することだって必要でしょう。

セルフハンディキャッピングで自分を守ったところで何も成長しません。
「出る杭」として嫌われることを恐れたところで、平準化した集団での窮屈な毎日が待っているだけです。
(それが一番だという人もいますし、その思想を否定するつもりもありません。)


 


結局なにが言いたいのか、イマイチまとまりのない文章になってしまいましたが、とにかくもっと主張していいと思うんですよね。(^-^)


以上、個人の感想でした!(セルフハンディキャッピング)


 

拍手[1回]

PR

ふるさと納税とロマン~問題点は数あれど~




ふるさと納税が活況を呈してますね。




2015年度の「ふるさと納税」寄付額は1652億9102万円。14年度の4.3倍だったそうです。
(2016年6月14日 日経新聞夕刊より)


地方出身者として、この制度は大変興味深いものであります。
現在首都圏在住な私ですが、生まれ育った街へ住民税の一部をまわすことができる、故郷の街へ微力ながらも貢献できる、
なんとも魅力的です。


また、セミニートを目指すものとして、少しでも「トク」な制度を利用したいとも思います。


しかし、ここでわざわざ指摘する必要のないほどに、返礼品合戦の過熱、異常性ばかりが指摘されることに・・・


 


・大都市圏からの税金大幅流出


・高額所得者ほど得をする逆進性(住民税から控除できる上限額が大きくなるので、より多くの豪華返礼品をもらえることになります。)


 


まあよく言われるのはこの二つですよね。


 


しかし一番の問題点は「チキンレース」と化していることだとの指摘があります。


ふるさと納税に対して返礼品を設定していない自治体も数多くありますが、周辺自治体の実績を見て、
地元の事業者や議員などから「何故やらないのか」との声も多いようです。


「ふるさと納税は、納税者にとって「やらなきゃ損」となる制度である。結局この制度で割りを食うのは、「ふるさと納税をしない納税者」となるわけだ。
地方にとっても「やらないと他に出し抜かれる」ので参入するしかない。」


(Wedge 2月号 地方を弱らせる「ふるさと納税」を健全化せよ 木下 斉より)


 


やらない人のことなんて知らないよ。やらない自治体も意味不明。どんどんやって、自治体同士競争すればいい。
創意工夫で、アピール合戦したほうが地域活性化に繋がるやん。


そう思う人もいるかもしれません。


ところがそんな単純なものではないんですね。


「納税金額に対する返礼品比率を上げれば上げるほど人気が出て、納税金額が上がるため、誰も返礼品競争から下りることができない、
まさにチキンレースと化してきている。
都市部側の納税者としても、ふるさと納税する人が得をして、しない人が損をする構造のため、逃げられない。」


(同誌)


つまり消耗戦ですね。
小売業者の値下げ合戦のようなものでしょうか。
納税金額に対する返礼品比率を上げれば、自治体の収益は減りますから。
税収が増えないのなら、なんのための制度だということになります。


2015年度は、ふるさと納税による寄付額の約4割が返礼品の費用に使われたらしいです。
広報などの諸経費を含めると、自治体が使えるお金は約半分になるとか。
(2016年6月19日 日経新聞より)


 


ここで気付いた人もいるのではないでしょうか。
自治体のお金にならなくても、地元の事業者が潤っているならいいんじゃないの?
と。


果たしてそうでしょうか。
消費者が本当にその商品をほしいと思ってお金を払うなら、全く問題ありません。


しかし、


「納税者はほぼタダだから喜んでいるだけ」(同誌)


なのです。


地場産品のブランド力が上がっているわけでもなんでもないのであります。
競争力が高まっているわけではないので、この制度が縮小・廃止などされれば、元に戻ってしまうのであります。


「中には通常の市場価格よりも高い価格で地元農作物を購入する自治体がある。」(同誌)


ここまでくると異常さが際立ってきますね・・。
木下氏は自治体も生産者も「シャブ漬けになっている」と辛辣な言葉で警鐘を鳴らしています。


余談ですが、この木下氏。肩書が一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事となっております。




うん、全く何をやっている人なのかわかりませんね


 


「タダでもらえるものはタダで貰えるもの。対価を支払って欲しいものとは全く異なる。地方産品を通じて地域活性化を図るのであれば、妥当な価格で営業をし、販売を積み上げなくてはいけない。」(同誌)


うーむ、まさにそうですね。
地場産品を返礼品としてもらって、それがきっかけで通販で購入するとか、実際に自治体に足を運ぶとか、
そういった事例も少なからずあるとは思いますが、、
大多数は「タダだから」「やらなきゃ損だから」で終わっている印象です。


このように本来の趣旨とかけ離れ、とにかく「得をする」ことを考えて「納税先」(正確には寄付先)を選ぶ風潮が強まっています。


もちろんこれは「納税者」の自由な選択。
同記事にもあるように「やらなきゃ損」なのだから仕方のないことなのかもしれません・・・


なんらかの制限をかけない限り、「合理的な選択」をする人々や自治体の行動は止められません。


しかし!私は敢えて「情緒的」に訴えていきたいのであります。


「本当に応援したい町へ寄付してみませんか」と・・


 


私は去年、下記の3つの自治体へ寄付しました。


・北海道釧路市
・北海道上川郡清水町
・北海道厚岸郡浜中町


それぞれ1万円。
自分の収入で控除できる上限ギリギリの額です。


釧路市は生まれ育った街、清水町は幼少の頃2年間だけ住んだことのある町、
浜中町は釧路市に近くて美しい風景がある町です。


このうち釧路市は5万円未満の寄付では返礼品がありません。
1万円の私は、純粋な寄付になります。もちろん住所地に支払う住民税を移転させるだけですが、
2000円は持ち出しになります。


でも別にいいじゃないですか。故郷を応援する気持ちです。
最近はようやく、夏でも冷涼な気候をアピールして本州からの長期滞在者を受け入れる施策に力をいれています。
「たかが1万円」ですが、頑張っている「ふるさと」に貢献したい思いからです。


清水町は結構返礼品が充実しています。
私は牛肉を選びました。
 




たった2年間。それも記憶が曖昧な幼少時。
でも、もしかしたら、お世話になった幼稚園の先生が、町の広報誌に掲載される寄付者名簿を見て気付くかもしれない。
(寄付者をなんらかの形で公表する自治体は多いですが、必ず本人の承諾を得た上での公表になります。)


ロマンですよね。遠い昔の出来事に思いを馳せることができるのです。


昔の記憶をたどって、かつて住んでいた家の近くまで行ってみようか。
町から送られてきた広報誌を見て、そんな気持ちになりました。


 


浜中町は、私の好きな風景が多数ある町です。
美しい海岸線と、貴重な湿原が広がっています。


上京前は、よくドライブコースにしていたものです。


かつて心動かされた風景を守ってほしい。
そんな思いを込めて寄付しました。


 


大都市に生まれた人ならば、かつての思い出の地へ。
旅行で印象深かった町へ。はたまた自然災害で甚大な被害を受けた町へ。


そんな感じで選んでみてはどうでしょうか。


返礼品がなければ、2000円は持ち出しになります。
もう一度言います。別にいいじゃないですか。
どんな町なのか全く分からない。縁もゆかりもない。これから行くつもりもない。興味すらない。
そんな自治体に金銭的な損得勘定だけで、0~2000円で和牛を食らい市場を歪めるよりも、
ロマンを感じられる方がいいと思うのであります。


旅行など一切しない。興味もない。
そんな人は、今住んでいる自治体に全額納税しましましょうよ。
チキンレースなんかに参加せずに・・・。


返礼品は単なるオマケなのです。


さあ故郷に、思い出の地に、思いを馳せましょう!!

拍手[1回]

隔週土曜出勤なのに「うちの会社残業なしなんだ(^-^)」と笑顔で語るT朗君について




どうも\(´A`)/


最近なにやら、長時間労働が話題に上ることが多いですね。



労働基準監督署も「80時間以上」の時間外労働を行っている事業所について、立ち入り調査を行うことを表明するなど、
本気で指導する気のようです。

過重労働撲滅対策班、通称「かとく」も
2015年4月の発足当初は東京と大阪の労働局におかれているだけでしたが、2016年からは全国の労働局に配置されることとなりました。
ABCマートやドンキホーテなど、有名企業が摘発されたのは記憶に新しいところです。

しかしですね、「時間外労働」とはなんぞや、ということが世間的にはあまり浸透してないんですよ。

「残業」と「時間外労働」はイコールじゃあないんですけどね…。

 

とある日、私は知人のT朗君と会話する機会があり、仕事の話になりました。
前々から隔週で土曜出勤があるとの話を聞いていたので、大変だねえと、まあそんな感じです。



するとT朗君は笑顔で




「でもうちの会社は残業がないんですよ!」




と、のたまうのであります、、




私「お、おう・・・」




いや、その、土曜出勤が残業のようなもんじゃね?



…まあまて、冷静に考えよう。
月~金は7時間労働、土曜日は半日かもしれんぞ。




「いやー8時間フルタイムです^^」





「お、おう・・・」


 


どこかで代休が取れたり、、、






「取れないっすね^^」






土曜出勤の手当は、、、






「出るわけないっすよ^^」

 







なぜ笑っていられるのか










自虐的にブラックジョークを飛ばすような性格でもない。




私が何を言いたいか、さっぱりわからない方も多いかもしれません。



会社が定めた労働時間を超えていないんだから、残業代なんぞ出なくて当然だろハゲ!
と思う人も多いでしょう。
(ハゲにハゲというのはイジメです。)




残業したら残業代がもらえる、ということは常識として誰もが頭に入っていることであり、それは決して間違いではないのですが、、
会社で定めた労働時間(所定労働時間)を超えて働かなければ「残業代」が出ないというのは大きな誤りなのであります。

 



まあ順を追って説明しますとですね、
労働時間は1日8時間、1週間40時間までと労働基準法で定められています。
それを超えて労働をさせることは違法ですが、労働者の過半数を代表する者と協定を結べば、
割り増しの賃金を払いさえすれば働かせても罰せられません。これがいわゆる時間外労働と呼ばれるものです。




T朗君の会社は、月~土まで8時間勤務。1週48時間労働なわけです。
8時間分は割り増しの残業代を支払わなくてはならないのであります。



私が1日7時間労働では?と聞いたのは、月~金7時間+土4時間(半日)であれば、1週40時間に収まるので
割り増しの残業代は必要ないことになるからです。



ここで、ちょっと知っている人ならば「変形労働時間制」を採用しているのでは?
と思われたかもしれません。
ざっくり言うと1か月や1年を平均して週40時間に収まるのなら、1日8時間1週40時間を超える期間があってもいいという制度です。
採用するには要件がありますが、ここでは割愛します。
しかし変形労働時間制だとしても月~土48時間と月~金40時間の繰り返しですから、まあ祝日があるにしても
平均1週40時間を下回るのは厳しいと言えるでしょう、、、
(1日7時間労働、隔週土曜で月~土42時間、月~金35時間の繰り返し、平均で40時間を切らせる、といったテクニックを使っている会社もあります。)



そして、代休があるわけでもない。
(本来代休があっても割り増し分は支払わなくてはならないが、まあ休めているのなら救いがあると思って聞いた。振休+変形労働時間制ならば
場合によっては支払わなくてもいいケースもあるが、詳しい説明は割愛。どっちにしろ土曜出勤分は休めてないし。)



土曜出勤手当などの名目で手当が出ているわけではない。
(契約上は月~金40時間にしておいて、常態的に隔週土曜出勤+手当支払いならば、まあ△といったところ。)






いやあ、完全にクロですね!






なんやかんやで、こういった取り扱いをしている会社もそれなりにあると思います。
「知らないほうが良かった、、やっぱりうちの会社はブラックだ・・・。」
と気付けるならマシなほうでしょう。




実は違法だと伝えたところで、「だからどうした」と言わんばかりに怪訝な顔をするT朗氏。
副業の塾講師でも「やりがい搾取」されている。





もはや宗教家と言えます。




セミニートとは全くの無縁、死ぬまで働き続ける「ワタミズム」の信奉者だったのだ・・・。


恐ろしや~、恐ろしや~ 

拍手[1回]

フリーエリア

プロフィール

HN:
エイシン
HP:
性別:
男性
職業:
会社員
自己紹介:
北海道出身、首都圏在住。

バーコード

ブログ内検索

P R

忍者カウンター